←back(すくすくめーる目次へ)

近頃お母さん達から『うちの子指しゃぶりするようになったけど、愛情不足なんでしょうか?』とか、『指しゃぶりしておとなしいから助かる』という話を聞く事があるんじゃが、みなさんは指しゃぶりについてどう考えておられるかな?

2ヶ月くらいから自然に手を口に持っていくようになって、時々指をしゃぶったり、自分の服をなめたりしているけど、遊びの一種だと特に気にしてません。そして、家事の手がすいたらあやしたり、眠る時もなるべくトントンして、子どもとの触れ合いを楽しんでいます。
うちの子は、眠い時や忙しくて私がかまってあげれない時にも、指をしゃぶりながらひとりでおとなしくしています。泣いて、あやしたり、抱っこしたりしなくてもすむので、家事もはかどり、とても助かります。
指しゃぶりは愛情不足の表われだと聞き、私の関わりがまずいのかと、とても気になります。早く止めて欲しいので"ダメ"とか"しないで"と、叱っていたら、隠れてしていたり、かえってますますするようになってイライラしてます。
赤ちゃんの一番初めに発達する感覚器官は口なので、指をしゃぶるのはとても自然な行為で、胎児のうちからやっている子もいるくらいです。9〜10ヶ月頃になると視覚や手の触覚が発達し、物を認識するようになり、口で確かめる行動は少なくなりますが、指しゃぶりには気持ちよくて、精神を安定させる面もあるので、その後も続く子もいます。
指しゃぶり=愛情不足という訳ではないし、一つのくせなので余り深刻になる必要はありません。但し、いくらおとなしいからと余り相手をしないとコミュニケーション不足になるので注意が必要です。あやしたり、眠いときは抱っこしたりと、親も子も満たされる温かいつながりを大切にしたいものです。
また、3歳過ぎたら口の形にも影響してくるので、眠るときや眠った後に、そっと指をはずして、手をつないでなでたり、身体の向きを換えてあげるのも効果があります。
欧米では、おしゃぶりを与える習慣があり、日本でも最近使っている子が増えています。でも、口は声を出したり、顔の表情を豊かにしたり、コミュニケーションに重要な働きをしています。口におしゃぶりでふたをしてしまうと、感情や表現を封じ込めることになるので、気をつけましょう。
また、鼻呼吸の為におしゃぶりをさせているという人もいますが、もともと赤ちゃんは鼻呼吸が得意なので、特に必要はないそうですよ。

←back(すくすくめーる目次へ)