←back(すくすくめーる目次へ)

 

夏は水遊びなどを思い切り楽しむためにも、健康で過ごして欲しいもんじゃね。次にあげるものは、夏にかかりやすい病気で、どんなことに気をつけたらいいか知っておくと、親子共に暑い夏もけっこう快適に過ごせるとおもうよ。
プール熱 ヘルパンギーナ 手足口病
咽頭(いんとう)結膜熱ともいい、のどが赤く、目も赤くなり目やにが出て、間もなく高熱が出て3〜4日続く。鼻みず、咳、下痢を伴うこともある。プールを介してうつることも多い。

夏風邪の一種。2〜4日熱が続き、のどの奥に小さな水泡ができて、食欲がなくなったりする。

字のごとく手のひら、足の裏や口の中などに水泡のある口内炎ができる。のどや口の中が痛いので食欲がなくなることが多い。発疹はお尻にもできることがある。

いずれも高熱が出て、のどの痛みで、食欲がなくなったり、下痢になって、脱水症状を引き起こすことがあるので、水分補給をこまめにして、のど通りのよい食べ物を与えることが大事じゃよ。
また、幼稚園や保育園に通っている場合は、病院で診察してもらい、集団生活に耐えられる体力が戻っているか、また他の子への感染についても確認をしてもらって登園するほうがいいとわしは思うよ。
とびひ 水いぼ
すり傷や虫さされ、あせも、湿疹などに化膿菌がはいりこんで水ぶくれができ、痒みが強い。これを掻きむしった手で他の場所を掻くと、そこにまた水ぶくれがとびひする。
※やけどのような水ぶくれが特徴
丸くて光った、うつるいぼ。つぶすと白いかたまりが出てくる。この中にウイルスが沢山含まれていて、これがつくとうつるので、数が増えていく。
▼とびひの治療 ▼水いぼの治療
1: 感染力が強いので、初期に診察を受け、飲み薬や、塗り薬を、お医者さんの指示通りに使う。

1: お医者さんが禁止した人以外はシャワーで石鹸を使って、身体の汚れを洗い流し、そのあと薬を塗る。
2: つめは掻きむしらないように短く切る。
3: プールはとびひが乾いて固まるまでは入らない。
痒みがあることもあり、夏場は掻きむしってとびひになることも多い。治療の方法は、・塗り薬、・つまんで取る、・治るまで待つ等あるようだけど数の少ないうちの治療がいいと思うよ。
他の子にうつることがあるので、幼稚園、保育園、スイミングスクールなどに通っている場合は、お医者さんに相談して早めに治療しようね。

暑さの為に食欲が落ちたり、眠れないときにはクーラーを上手に使うといいね。外気温との差はおよそ5℃以内に。冷やしすぎはかえって夏ばてのもとじゃよ。また、人間が体温を一定に保つことができるのは、汗腺の働きによるところが多いといわれていて、いつも快適な環境に居ると、体温調節をする必要がないので、気温の変化についていけなくなってしまうそうじゃよ。たっぷり汗をかく経験も大切なんじゃね。
 

←back(すくすくめーる目次へ)